スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

52 Lovers - Jose Carroll

01-25,2016

52 lovers

"52 Lovers"Jose Carroll - 1988
"52 Lovers Volume II"Jose Carroll - 1991

最近読んだ本というわけではないですが、噂に聞いていた日本語訳の情報が解禁されてたのでレビューを書こうかと思いたったのでまとめました。

スペインのマジシャンPepe (Jose) Carrollの作品集です。
初めてJose Carrollの演技を見たのは、Tamarizと2人で9カードモンテ(本書収録The Unwary Cheater)を演じている映像でした。
スペイン語で何を言っているか分からなかったのですが、雰囲気や表情から伝わる2人の掛け合いの面白さ、何よりCarrollの繰り広げる現象、技術、演出の素晴らしさに一目惚れして、最も好きなマジシャンの一人となりました。

この作品集は私がこれまで読んだ中でも特に思い入れのある非常に素敵な奇術書です。
私がいつかこんなマジックをしてみたいなあとぼんやり思い描いていたことが、非常に高い完成度で再現されており、完全にやられました。

本書は約20ページにわたる理論の章から始まります。
話の中心となるのはマジックにおける葛藤についてです。マジックにおいてどういった葛藤が考えられ、そうした葛藤やそこから派生する策略をどのように利用するのかについて書かれています。
例えばサスペンス効果について、サスペンス映画の巨匠Alfred Hitchcockの話を取り上げて書かれています。
サスペンスを強調するには具体的にどういった演出を使うのか、またどういったタイプのマジックでそうした演出が有効であるのか等について書かれています。
いずれの内容も分かりやすく、また具体例を交えながら書かれており非常に面白く読むことができました。

Carrollの作品の魅力はなにより独創的で大変素敵な現象にあると思います。
多くはクラシカルなプロットを下地にした作品で、いずれも魔法的で新鮮な現象に溢れています。
例を挙げると、グラスの中に入っているや透明なセロファンに入っているカードのカラーチェンジ。近年Roman Garciaの演技で話題になった作品の元になった手順もある半透明のハンカチを使ったアセンブリ現象The Glass Wall。エースが魔法の鏡のようにめまぐるしく他のカードに変化するReflections。カードが焦げたり、穴が空いたりとエンタメ性に富んだ演出を盛り込んだCannibals!……などなど

スペインと言えば近年何かと話題が多く、特に勢いのあるマジック大国ですが、この作品集を読むとCarrollが後世のスペインのマジシャンに非常に強い影響を与えているのか良くわかります。ここ数年で話題になった作品の原案となる作品などもいくつか収録されていますが、その現象の魅力は後発の改案と比較しても見劣りするものではありません。

本書の作品は非常に魅力的な現象を達成できる代わりに準備が大変な手順が多いです。そのため即戦力のレパートリーを増やしたいと言う人には向きませんし、手順を追いかけるのもなかなか大変です。
ただそうした理由でこの本を無視してしまうのは非常にもったいない選択だと思います。
Jose Carrolという天才とこの名著はもっと多くの人に広まるべきだと思ってます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。