スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Card Magic USA - Peter Duffie

11-01,2015

card-magic-usa.jpg
"Card Magic USA" Peter Duffie - 2010

Peter Duffieプレゼンツで、米国のマジシャンのカードマジックオムニバス作品集です。
約50名による技法と手順が80作収録されています。
いろんな人の原稿をまとめてとりあえず1冊の本にしたという感じで解説のスタイルは人によってバラバラです。
活字だけの解説の人もいますし、挿絵が写真の人もいればイラストをつける人もいます。クレジットに関しても本当に人それぞれと言った感じです。
名前を聞いたことのなかったマジシャンもいれば、かなりのビッグネームも大勢名を連ねています。
この類の本に手を出す人は恐らく察しておられるかと思いますが、作品の質に関しては玉石混淆といった感じです。
また有名どころのマジシャンはさすがだなと思うような作品もあれば、名前で期待していたマジシャンがあまりおもしろくなかったりとかもありました。

個人的に面白かった手順をいくつか挙げておきます。

John Bannon - Aces Over Easy
4Aのプロダクションの後、Aをデックの中に裏向きでバラバラに戻すがスプレッドするとAが表向きになって一緒に現れる。
John Bannonらしく実に上手い手順構成。無理に力技でゴリ押すのではなく、巧みな策略で解決するあたりがさすが。
氏の著書"High Caliber"にも収録されているようです。

John Born - The Perfect Pick
嘘を言い当てる演出で行なうカード当て。
実際に演技を見たら相当に不思議に見えると思う。演技中演者はテーブルから離れ、観客が自由に選んだカードは演者が手掛かりをつかめないようポケットに隠してもらうなど非常にクリーンで不可能性が高く見える手順。
氏の著書"Seeking the Bridge"にも収録されているよう模様。

Bill Malone - Up My Sleeve
Card to PocketというかCards up the SleeveのMalone版。
先に映像で観ていて好きな手順でした。("Here I Go Again Vol3"にA Tribute to Johnny Carson !として収録)
それなりにハードですが、上手くまとまった良い手順だと思います。
また併せて解説されているSix Card Repeatも良作だと思いました。

その他にも割と好きなクリエーターのCaleb Wilesによるテクニカラーリセットとジェミニツインズの改案などもなかなか面白かったです。

また本書の最後にPast Mastersというレジェンド枠的な章も設けられており、Gene MazeやMichael Skinnerらの作品も載っています。
個人的にはRoger KlauseによるVernonのOut of Sight Out of Mindのアイディアについての部分が面白かったです。


玉石混淆とは言いましたが、面白い作品はそれなりにあるので何かしら得られるものはある本だとは思います。(上記に挙げた手順のように別の資料で発表されているものもあったりするのですが。)

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。