スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Las Vegas Kardma - Allan Ackerman

09-21,2015

las-vegas-kardma.jpg
"Las Vegas Kardma" Allan Ackerman - 1994

アメリカのマジシャンAllan Ackermanの作品集。
コインのリバースマトリックスが1作収録されていますが、それ以外はタイトルの通りカードマジックの作品集です。
技法もコントロール、パームを中心にいくつか解説されてり、全体の2-3割ぐらいを占めています。
Ackerman自身はスライハンドの名手ですが、手順の技術的な難易度はあまり高くありません。セルフワーキングトリックもそこそこの割合を占めています。
またAckermanといえばMarlo派のマジシャンだけあり、全体的にMarloへのリスペクトが感じられます。実際Marloのバリエーションを集めた"Some Marlo Gems"と名付けられた章もあります。

収録されている作品数も多く、幅広いプロットを取り扱っていますが、特にジェミニツインズとエースアセンブリの内容は充実しています。
ジェミニツインズについては4作収録されており、中心となるトリックは基本的に同じですが演出がバラエティ豊かです。
いずれもよくできた作品ですが、「テクニカルなカードマジック①」で収録手順の改案(違いはセットの有無ぐらいでほとんど同じ)を先に読んでいたので、やや新鮮さには欠けましたが、元となる作品や創作の経緯が面白く読めました。

エースアセンブリには、リバース、オーヘンリー、アルティメットアセンブリと複数のタイプのアセンブリ現象を取り扱っています。
リバースアセンブリについては本書を読む前から、他の本で何度か取り上げられているのを見ており、後発の作品への影響も大きいかと思います。

全体的に手順そのものは、手順構成や技法の使い方などが個人的な好みからはやや外れていましたが、特にアセンブリの章などは読みごたえがあり面白かったです。
また個人的には選ばれた4枚のカードを不可能な状況下で当てる"Impromptu Paul Fox"が面白かったです。

クレジットに関しては詳細で、誰のアイディアが元になったかであったり、過去の作品との違いなど詳細に書かれています。
ただマジシャンの名前や時期などは詳細ですが、元になった作品が発表された書籍の名前などはあまり詳しく書かれていません。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。