スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Route 52 - Steve Reynolds

01-17,2015

route52-full.jpg

"Route 52" Steve Reynolds - 2009

Steve Reynoldsといえば"Magic"誌でのコラムが有名かと思われます。"Magic"誌に掲載された作品のうちいくつかはこの冊子にも収録されていて、本作では11作のカードマジックが収録されています。
Edward Marlo、Brother John Hammanの名前が良く出てくるので彼らの影響が大きいようです。
収録されている作品については、エースアセンブリ、ビジター、サインドカード、トラベラーズなど比較的メジャーなプロットや名作のバリエーションが多いです。
作風としては、シンプルでより易しく演じられるようにアレンジされているように思います。特別ノーギャフをウリにした作品集というわけではないですが、いずれの手順もレギュラーカードで実演可能です。(例外的にカラーチェンジデックで色違いのカードを複数枚使用)


・Finally Final Aces
Brother John HammanのFinal Acesをノーギミックで難しい技法を使いことなく即席で演じられる手順。
悪い手順ではないのですが、いまひとつぱっとしない印象。

・Un-Signed Card
Brother John HammanのThe Signed Cardのバリエーション。
バリエーションではあるけれど、名前の通りもはや別のマジックと言えるぐらい単純化した手順。
例のスイッチを使わないなど、1ページ半ほどにわたって創作の経緯が書かれている。
正直マニアが見て不思議な手順というではないし、元々の面白味を削いでいる気もするけれど、アプローチとしてはなかなか面白い。

・Mr. Fogg Tracked Down
トラベラーズ現象。
Vernonの原案における工夫の余地をDarwin OrtizやTom Stoneが発表しており、解説冒頭で2人の理論を引用している。この手順は彼らの理論に対するSteve Reynoldsの回答といったような作品。
Tom StoneのMr.Foggはなかなかにハードな手順であるが、この手順は易しく演じることができ、パームは1回(もしくはゼロ)のみで現象が達成できる。


全体的にマニアが不思議がる手順ではないですが、個々のアプローチはマニアックな印象の作品集です。
個人的に作品自体は少し物足りず、演じてみたいと思わされる作品集ではなかったです。演者の負担は少ない手順が多いのですが、全体的にパンチが弱い印象を受けます。
各作品における狙いであったり、創作の経緯についてはしっかり書かれているのでそうした部分は興味深く読むことができました。
クレジットも詳細で写真も多く読みやすいため、作品の好みは別としてマジックの解説本しては優れていると思いました。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。