スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4 F Ⅻ - Daryl

05-02,2016

IMG_1190.jpg

"4 F Ⅻ" Daryl - 2016

先日箱根で開催されたコンベンションでのレクチャー内容をまとめた冊子です。
コンベンション後、各地でレクチャーを開催されておりそちらの方に参加しました。
冊子の感想というよりレクチャーの感想に近いかもしれません。

演技中のストレスを出来る限りなくしたいとのことをレクチャー冒頭でおっしゃっていただけあり、収録されている作品は演者の負担が少なく、効果的な作品が並んでいます。
単純に難易度の高いスライハンドを使用しないこともありますが、技法を用いる場面では適切なミスディレションやカバーが伴うように構成されており、ほとんどの手順がエンドクリーンになるように構成されている点も特徴です。
また技法の使い方としては、現象を起こす瞬間に技法を使うのではなく、現象の時点ではすでに裏の仕事を済ませている作品が多いです。

The Effect-less Methodと名付けられたエッセイで、観客の間違った思い込みをより強固なものにさせるために技法を用いるという策略が紹介されています。レクチャーで肝になる部分のひとつであり、本書でも具体的な作品を紹介しながらわかりやすく紹介されています。秘密の動作に疑念が抱かれにくくなることやエンドクリーンに終わることができることにもつながる策略でありなるほどなと。

いくつか作品の紹介を。

Bennet’s Boner
Horace Bennettによる破いた紙玉の復活。従来の手順のようにパームやスイッチが必要ではあるのですが、巧妙なハンドリングのおかげで、非常にストレスの少ない手順だなと。

Hyper-Bent-Elation
売りネタにもなっている、ハイパーカードを使ったマジック。
現象も奇妙でいいですが、秘密の動作が演技の早い段階で終わっているのも良いです。

Audio Transposition
2つのおもちゃの音が入れ替わるマジック。
The Effect-less Methodで具体例の一つとして紹介されています。実演を見たとき完全に引っかかって現象も面白かったのですが、この冊子での解説はちょっと簡潔すぎて現象が伝わらないように思います。

これまでDarylのマジックに対して抱いていたイメージは、明快な現象をオーソドックスなハンドリングで構成されているといったものでした。
改めて作品について触れて考え方を知るとオーソドックスな手法の中にもしっかりとしたDarylのタッチを感じることができました。

Darylはレクチャーが上手いのは知っていましたが、実際大変良かったです。解説がわかりやすく、細かな考え方を知ることができたことももちろん、解説まで楽しませようとするエンターテイナーっぷりが素敵でした。
個人的にレクチャーに参加すると、解説いらないからもっといろいろ見たいって場合が結構多かったりするのですが、今回はレクチャーという形式で非常に良かったなと思いました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。