スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hands Off My Notes - John Gustaferro

02-29,2016

hands-off-my-notes.jpg

"Hands Off My Notes" John Guastaferro - 2015

John GustaferroによるHand-off をコンセプトにしたカードマジック作品集。
紙幣などちょっとした小道具を要するものもありますが、基本的にはレギュラーデックで演じる事が出来ます。
大掛かりなセットが必要な手順も少なくとっつきやすい内容です。
作業感をあまり感じさせないように演出面でいろいろと工夫されている点や、現象が多段クライマックスになるように構成された作品も多いあたりが、Gustaferroらしい上手さだなと思いました。

HANDS OFF ACES
2人の観客にデックをよく混ぜさせますが4Aが出そろいます。
この手順で使われる、観客に混ぜさせつつも一部のスタックが保たれるBenjamin Earlの策略が、作品集内でよく使われます。
マニアをひっかけられるタイプのものではないと思いますが、観客自身にかなり自由に混ぜさせた印象が与えられる有用な方法だと思います。

TWENTY
ギャンブリングデモと予言を組み合わせた作品。
セットアップはそこまで大変ではないですが、なかなかの豪華な多段クライマックスです。

HEADS WILL ROLL
想像上で転がしたダイスの目に従って、カードを操作するのですが、その結果が予言されているという作品。
現象は地味な小品ながら、面白い原理のコンビネーションです。

YOUR TURN TO TRIUMPH
彼が発表しているトライアンフの手順BEHIND-THE-BACK TRIUMPH("ONE DEGREE"収録)やUntouchable("Three of a Kind"、"Ready Set GuastaferrO"収録)に良く似ています。
良い手順だと思うのですが、熱の入った解説がされている"ONE DEGREE"に比べて解説があっさりしているので、魅力を伝えきれていない気がしなくはないです。

演出はユニークなものなどを織り交ぜつつなかなか多彩ですが、現象そのものは混ぜたり配った結果、最終的に何が揃うという現象が多い印象を受けました。
すべてレギュラーデックの手順なので仕方ない部分はあると思うのですが、Hand-offという状況下でその現象を達成できるなんて思わなかったという驚きはあまりありませんでした。
そうしたあたりにやや物足りないなさはありましたが、いろいろと新しい発見もあり、演じやすい作品の集まった作品集でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。